アルフレッド・アドラー(Alfred Adler)の名言

アドラー心理学

アルフレッド・アドラーとは

茜
アドラーの名言を音読します。

アルフレッド・アドラー(Alfred Adler)が創始し、後継者たちが発展させてきた心理学。
「人間の悩みは、すべて対人関係の悩みである」と断言し、「人間はどうしたら幸せになれるか?」や「人の性格」についても、鋭い洞察がなされている。
アルフレット・アドラーは、日本国内では無名に近い存在だが、フロイト、ユングと並ぶ心理学界の三大巨匠。自己啓発の源流として、100年の歴史の中で現場で実践され、海外では著名人に多大な影響を与え続けている。

Alfred Adlerの名言

人生が困難なのではない。
あなたが人生を困難にしているのだ。
人生はきわめてシンプルである。

人は過去に縛られているわけではない。
あなたの描く未来があなたを規定しているのだ。
過去の原因は「解説」になっても「解決」にはならないだろう。

健全な人は、相手を変えようとせず自分が変わる。
不健全な人は、相手を操作し、変えようとする。

自分だけでなく、仲間の利益を大切にすること。
受け取るよりも多く、相手に与えること。
幸福になる唯一の道である。

人生には三つの課題がある。
ひとつ目は「仕事の課題」
二つ目は「交友の課題」
三つ目は「愛の課題」。
後者のほうになるほど解決は難しくなる。

重要なことは人が何を持って生まれたかではなく、与えられたものをどう使いこなすかである。

全ての悩みは対人関係の課題である。
仙人のような世捨て人でさえも、実は他人の目を気にしているのだ。

行動に問題があるとしても、その背後にある動機や目的は、必ずや「善」である。

悲しいから涙を流すのではない。
相手を責め、同情や注目を引くために泣いているのだ。

よくできたね」とほめるのではない。ありがとう、助かったよ、と感謝を伝えるのだ。
感謝される喜びを体験すれば、自ら進んで貢献を繰り返すだろう。

決断に迷った時は、より大きな集団の利益を優先することだ。
自分より仲間たち、仲間たちより会社全体・そうすれば判断を間違うことはないだろう。

カッときて自分を見失い怒鳴ったのではない。
相手を支配するために、怒りという感情を創り出し利用したのだ。

苦しみから抜け出す方法はたった一つ。
他の人を喜ばせる事だ・自分に何が出来るかを考え、ぞれを実行すればよい。

究極的には、われわれの人生において対人関係以外の問題はないように見える。

世話好きな人は、単に優しい人などではない。
相手を自分に依存させ、自分が重要な人である事を実感したいのだ。

最も重要な問いは、どこからではなく、どこへである。

楽観的であれ。
過去を悔やむのではなく、未来を不安視するのでもなく、今現在、ここだけを見るのだ。

人の心理は物理学と違う。
問題の原因を指摘しても、勇気を奪うだけ。
解決法と可能性に集中すべきだ。

自分が役にたっていると実感するのに、相手から感謝されることや、褒められる事は不必要である。
貢献感は自己満足でいいのだ。

できない自分を責めている限り、永遠に幸せにはなれないだろう。
今の自分を認める勇気を持つ者だけが、本当に強い人間になれるのだ。

やる気がなくなった、のではない。
やる気をなくす、という決断を自分でしただけだ。
変われない、のではない。
変わらない、という決断を自分でしているだけだ。

誰かが始めなければならない。
他の人が協力的ではないとしても、それはあなたには関係がない。
私の助言はこうだ。あなたが始めるべきだ。
他の人が協力的であるかどうかなど考えることなく。

遺伝の問題はそれほど重要でない。
重要なことは、何を遺伝したかということではなく、幼い頃に遺伝として与えられたものをどう使うかということである。

Youtobe、アドラーの名言動画

アドラー の名言

    

テキストのコピーはできません。