恋に臆病になっているあなたへ。

元気になる名言集

恋に臆病になっているあなたに役に立つ名言集です。

茜
恋に臆病になっているあなたに役に立つ名言集です。

恋に臆病になっているあなたへ。

恋愛とは恋人の幸せに役立つことを、自分の幸せのためとして貢献する事。失恋で空いた、心の穴は恋愛でしか埋まらない。失恋は終わりでなく卒業です。
失恋の数だけ人生は豊かになります。

愛情に満ちあふれた心には、悲しみもまた多いものである。
ドストエフスキー(ロシアの小説家、思想家 / 1821~1881) 。

もしも美しいまつげの下に、涙がふくらみたまるならば、それがあふれ出ないように、強い勇気をもってこらえよ。
ベートーヴェン(ドイツの作曲家 / 1770~1827)。

人はしばしば恋に欺かれ、恋に傷つき、不幸にもなる。それでも人に恋するのだ。
ミュッセ(フランスのロマン主義の作家 / 1810~1857)。

時は、悲しみと口論の傷を癒す。人はみな変わる。過去の自分はもはや現在の自分ではない。悩む者も悩ます者も、時が、たてば別人になる。
パスカル(フランスの哲学者、思想家、数学者 / 1623~1662) 。

失恋があるからこそ、人生って素晴らしくなるのよ - ただし五年後の話だけど。
フィリス・バッテル(米国の女性ジャーナリスト / 1922~)。

許すことは忘れることとはちがう。つらい記憶を水に流し、心の痛みを消すことなのです。
メアリ・マクロード・ブスーン(米国の黒人女性教育者 / 1875~1955)。

別れる時にはもう次の恋が始まっている。
アントニオ猪木(日本の元プロレスラー、政治家 / 1943~)。

恋の終わりは、自分から立ち去ること。
ココ・シャネル(フランスのファッションデザイナー / 1883~1971) 。

忘れること、それが最上の治療法であり、恋人との愛をつなぐエチケットです。
宇野千代(日本の女性作家 / 1897~1996)。

恋はその始まりがいつも美しすぎる。結末が決して良くないのも無理からぬことだ。
ドーマ(詳細不明)。

愛する勇気がある者には、かならず苦しむ勇気がある。
アントニー・トロロープ(英国の作家 / 1815~1882)。

恋をして恋を失った方が、一度も恋をしなかったよりマシである。
テニスン(英国の詩人 / 1809~1892)。

別れの辛さに馴れることは決してありません。幾度繰り返しても、別れは辛く苦しいものです。それでも、私たちは死ぬまで人を愛さずにはいられません。それが人間なのです。
瀬戸内寂聴(日本の女性小説家、天台宗の尼僧 / 1922~) 。

失望に終わった恋は、次の恋に対するちょっとした免疫になる。
ウルスラ・アンドレス(スイス出身の映画女優、初代ボンドガール / 1936~)。

もう一度、愛を信じる勇気を持って。そう、常にもう一度よ。
マヤ・アンジェロウ(米国の詩人、作家、公民権運動家 / 1928~2014) 。

変わらないのは、ときめく気持ち。
シルヴィア・プラス(米国の女性詩人、作家 / 1932~1963)。

女は、人生で一度や二度は、ワルい男を愛してしまうの。でもだからこそ、イイ男に出会ったとき、感謝する気持ちになれるのよ。
マージョリー・キナン・ローリングス(米国の小説家『子鹿物語』著者 / 1896~1953)。

心は、過去の悲しみから脱皮するもの。
エラ・ウィーラー・ウィルコックス(米国の女性作家、詩人 / 1850~1919) 。

始まりと呼ばれるものは、しばしば終末であり、終止符を打つということは、新たな始まりである。終着点は、出発点である。
T・S・エリオット(イギリスの詩人、劇作家 / 1888~1965)。

涙で目が洗えるほどたくさん泣いた女は、視野が広くなるの。
ドロシー・ディックス(米国のジャーナリスト / 1861~1951)。

どんな悲しみに出会っても、それでも人生は生きるに値する。
村山由佳(日本の女性作家 / 1964~)。

人は人に捨てられたりなんかしない。自分が自分を捨てることしかできないよ。
よしもとばなな(日本の女性作家 / 1964~)。

どんな悲しみや苦しみも必ず歳月が癒してくれます。そのことを京都では『日にち薬(ひにちぐすり)』と呼びます。時間こそが心の傷の妙薬なのです。
瀬戸内寂聴(日本の女性小説家、天台宗の尼僧 / 1922~) 。

男の人って、一度女を愛したとなると、その女のためなら何だってしてくださるでしょ。たった一つ、してくださらないもの、それはいつまでも愛し続けるってことよ。
オスカー・ワイルド(アイルランドの詩人、作家、劇作家 / 1854~1900) 。

一度も愛したことがないよりは、愛して失った方が、どれほどましなことか。
テニスン(英国の詩人 / 1809~1892)。

恋人同士のけんかは、恋の更新である。
テレンティウス(ローマの喜劇作家 / 紀元前195頃~159)。

愛はお互いを見つめ合うことではなく、ともに同じ方向を見つめることである。
サン=テグジュペリ(フランスの作家、操縦士 / 1900~1944)。

恋に落ちると眠れなくなるでしょう。だって、ようやく現実が夢より素敵になったんだから。
ドクター・スース(米国の作家、詩人、漫画家 / 1904~1991)。

恋ははしかのようなもの、誰でも一度は罹らなければならない。さらに、はしかと同様、本当の恋を経験するのは、たったの一度だけである。
ジェローム・K・ジェローム(英国の作家 / 1859~1927)。

男は目で恋に落ち、女は耳で恋に落ちる。
ウッドロー・ワイヤット(英国の政治家、作家、ジャーナリスト / 1918~1997)。

愛するとは与えてもらうことではなく、与えること。それがすべてよ。
キャサリン・ヘプバーン(米国の女優 / 1907~2003) 。

ある一人の人間のそばにいると、他の人間の存在などまったく問題でなくなることがある。それが恋というものである。
ツルゲーネフ(ロシアの小説家 / 1818~1883) 。

友情は愛に成長するかもしれない。だが愛が友情に落ち着くことは決してない。
バイロン(英国の詩人 / 1788~1824) 。

恋をすることは苦しむことだ。苦しみたくないなら、恋をしてはいけない。でも、そうすると、恋をしていないということでまた苦しむことになる。
ウディ・アレン(米国の映画監督、俳優、脚本家 / 1935~) 。

戸惑えば戸惑うほど、それは愛しているということなの。
アリス・ウォーカー(米国の女性作家 / 1944~)。

指輪や宝石は贈り物ではない。唯一の贈り物は、なんじ自身の一部を贈ることだ。
エマーソン(米国の思想家、哲学者、作家、詩人 / 1803~1882) 。

私は彼を深く愛している。彼と一緒ならどんな死にも耐えられる。しかし、一緒でなければ、たとえ生きていても生きていることにはならない。
ジョン・ミルトン(英国の詩人 / 1608~ 1674) 。

結婚をしないで、なんて私は馬鹿だったんでしょう。これまで見たものの中で最も美しかったものは、腕を組んで歩く老夫婦の姿でした。
グレタ・ガルボ(スウェーデン出身のハリウッド女優 / 1905~1990) 。

期待なしに恋するものだけが恋の味を知る。
シラー(ドイツの詩人、歴史学者、劇作家、思想家 / 1759~1805)。

恋愛に年齢はない。それはいつでも生まれる。
パスカル(フランスの哲学者、思想家、数学者 / 1623~1662)。

恋に対する治療法は、よりいっそう愛すること以外にない。
ソロー(米国の作家、詩人、思想家 / 1817~1862) 。

男は女の最初の恋人になりたがるが、女は男の最後の恋人になりたがる。
オスカー・ワイルド(アイルランドの詩人、作家、劇作家 / 1854~1900) 。

愛されることは幸福ではない。愛することこそ幸福だ。
ヘルマン・ヘッセ(ドイツの小説家、詩人、ノーベル文学賞受賞 / 1877~1962) 。

男はロマンティストで神経が繊細。女は現実的で神経が図太い。だから神様は、男に腕力を与えたのです。
美輪明宏(日本のシンガーソングライター、俳優、演出家 / 1935~) 。

男は自分が幸福にしてやれる女しか愛さない。
マルセル・アシャール(フランスの劇作家・映画監督 / 1899~1974)。

女はその手袋を変えるように、容易に心を変える可愛らしい動物である。
バルザック(フランスの小説家 / 1799~1850) 。

私達は、何らの理由もないのに、人を愛し、また、何らの理由もないのに、人を憎む。
ジャン・フランソワ・ルニャール(フランスの喜劇詩人 / 1655~1709)。

男が本当に好きなものは二つ。危険と遊びである。男が女を愛するのは、それがもっとも危険な遊びであるからだ。
ニーチェ(ドイツの哲学者、古典文献学者 / 1844~1900) 。

私達は、お互いに理解し合うためには、若干似た所がなくてはならないが、お互いに愛し合うためには、若干違った所がなくてはならないのである。
ポール・ジェラルディ(フランスの詩人、劇作家 / 1885~1983)。

恋は空腹で生き、満腹になって死ぬ。
ミュッセ(フランスのロマン主義の作家 / 1810~1857)。

少しのきまじめさは恋愛においては結構だ。しかしあまり真面目すぎては困る。それは重荷であり、快楽でなくなる。
ロマン・ロラン(フランスの作家、ノーベル文学賞受賞 / 1866~1944) 。

男女の間では、憎しみは愛の裏返しです。嫉妬もまた愛のバロメーターです。
瀬戸内寂聴(日本の女性小説家、天台宗の尼僧 / 1922~) 。

色気とは仕草や形ではなく、精神的に相手を包んであげる上品な優しさのこと。
美輪明宏(日本のシンガーソングライター、俳優、演出家 / 1935~) 。

短い不在は恋を活気づけるが、長い不在は恋をほろぼす。
ミラボー(フランス革命初期の中心的指導者 / 1749~1791)。

恋人として男と女とが違う点は、女は一日中恋愛をしていられるが、男はときどきしかできないということである。
サマセット・モーム(英国の劇作家、小説家 / 1874~1965)。

いかがでしたでしょうか!
最後までご視聴いただきありがとうございます。

Youtube動画

恋愛に臆病になっているあなたへ

あなたにお勧めのコンテンツ

前向きな捉え方をするために止める習慣と始める20の習慣

   

テキストのコピーはできません。