職場の人間関係について悩んでいるあなたへ。

元気になる名言集

職場の人間関係について悩んでいるあなたへ。

茜
職場の人間関係で悩んでいるあなたに役に立つ名言集です。

職場の人間関係について悩んでいるあなたへ。

人生で長い時間を過ごす職場で、人間関係を良くする事は大きな課題です。
楽しく仕事をするためには良い人間関係が必要です。

人が意見に反対するときは、だいたいその伝え方が気に食わないときである。
ニーチェ(ドイツの哲学者、古典文献学者 / 1844~1900)。

成功したいと思うなら自己中心的でなければいけない。
だがもし最高のレベルに達したなら、自己中心的であってはいけない。
他人とうまく付き合い、一人になってはならない。
マイケル・ジョーダン(米国のバスケットボール選手 / 1963~) 。

人は誰でも、他人よりも何らかの点で優れていると考えていることを忘れてはならない。
相手の心を確実に掴む方法は、相手が相手なりの重要人物であるとそれとなく、あるいは心から認めてやることである。
デール・カーネギー(米国の実業家、作家、セミナー講師 / 1888~1955)。

多くの人が、話上手だから人との関係は得意だと思っている。対人関係のポイントが聞く力にあることを知らない。
ピーター・ドラッカー(オーストリア出身の経営学者 / 1909~2005) 。

あなたを悩ましたり、悪口をいう人にも、平静な心で注意を向けなさい。
きっとあなたにとって得るところがあるはずです。
良薬が口に苦いように、あなたに偉大なる存在が苦言を呈しているかもしれないからです。
ジョセフ・マーフィー(アイルランド出身の宗教者、著述家 / 1898~1981)。

冷静を保て。怒りは議論ではない。
ダニエル・ウェブスター(米国の政治家・法律家 / 1782~1852)。

他人はすべて自分よりもアカンと思うよりも、他人は自分よりエライのだ、自分にないものをもっているのだ、と思うほうが結局はトクである。
松下幸之助(日本の実業家、発明家、パナソニック創業者 / 1894~1989) 。

人の評価は、他の人たちの意見よりも、その人が他の人たちについてどのように言っているのかでより分かるものです。
オードリー・ヘップバーン(英国の女優 / 1929~1993) 。

あなたがやりたくないことを他人に頼むのは、フェアではありません。
エレノア・ルーズベルト(米国のファーストレディ、人権活動家 / 1884~1962) 。

もし自分が間違っていたと素直に認める勇気があるなら、災いを転じて福となすことができる。
過ちを認めれば、周囲の者がこちらを見直すだけでなく、自分自身を見直すようになるからだ。
デール・カーネギー(米国の実業家、作家、セミナー講師 / 1888~1955)

正直に自分の無知を認めることが大切だ。そうすれば、必ず熱心に教えてくれる人が現れる。
ウォルト・ディズニー(米国のエンターテイナー、実業家 / 1901~1966)。

人の落ち度は、許すより忘れてしまえ。
中村天風(日本初のヨーガ行者、天風会の創始者 / 1876~1968)。

他人に花をもたせよう。自分に花の香りが残る。
斎藤茂太(日本の精神科医、随筆家 / 1916~2006)。

他人に変わって欲しければ、自ら率先して変化の原動力となるべきだ。
ガンジー(インドの弁護士、宗教家、政治指導者 / 1869~1948)。

次の6つの心得を守れば、礼儀正しさの習慣を身につけることができる。
1.相手の話には熱心に耳を傾ける。
2.相手の話に口をはさまない。
3.初対面の人の名前はすぐ覚えて、できるだけ使う。
4.もし相手の言い分が間違っていても、そっけなくやりこめるのはよくない。
5.自分のほうが偉いといった態度を見せない。
6.自分の考えが間違っていれば、素直にあやまる。
デール・カーネギー(米国の実業家、作家、セミナー講師 / 1888~1955)。

敵のため火を吹く怒りも、加熱しすぎては自分が火傷する。
シェイクスピア(英国の劇作家、詩人 / 1564~1616) 。

人の悪口を言えば自分も不愉快になる。嫌な人はどこにでもいます。見ざる 聞かざる 言わざるが楽。
美輪明宏(日本のシンガーソングライター、俳優、演出家 / 1935~) 。

なぜ、このように悪口が絶えないのか。人々は他人のちょっとした功績でも認めると、自分の品位が下がるように思っている。
ゲーテ(ドイツの詩人、小説家、劇作家 / 1749~1832)。

だれかを裁きたくなったら、黙って自分に言い聞かせましょう。
「あの人はあれでもベストをつくしているのだ」と。それから、そんな自分を許しなさい。
マーシャ・シネター(米国の女性自己実現コンサルタント)。

目下の者たちに少しも気兼ねしない者にかぎって、目上の者にはひどく気兼ねするのだ。
ツルゲーネフ(ロシアの小説家 / 1818~1883) 。

自分の意見と違う意見に腹を立てず、そういう意見が出た理由を理解しようとする術を学ぶことが大事である。
バートランド・ラッセル(英国の哲学者、ノーベル文学賞受賞 / 1872~1970)。

自分よりも優れた人を称賛できる心。それが人間が持ちうる最も素晴らしい心である。
トーマス・カーライル(英国の思想家、歴史家 / 1795~1881) 。

信頼とは信頼に値する材料があるからするというものではなく、まず先に信頼してしまうことなのです。信頼されると人はそれにこたえようとするものです。
ジョセフ・マーフィー(アイルランド出身の宗教者、著述家 / 1898~1981) 。

「ありがとう」と言う方は何気なくても、言われる方はうれしい、「ありがとう」これをもっと素直に言い合おう。
松下幸之助(日本の実業家、発明家、パナソニック創業者 / 1894~1989)。

相手が不快なことを口走っても嫌がらずに、むしろ積極的にそれを取り上げて、少しでも相手の意見を尊重していることを示すのだ。
そうすれば相手もこちらの意見を尊重してくれる。
ベンジャミン・フランクリン(米国の政治家、外交官、物理学者 / 1706~1790)。

人の長所が多く目につく人は、幸せである。
松下幸之助(日本の実業家、発明家、パナソニック創業者 / 1894~1989) 。

職場の人間関係を良くするポイント1。全ての従業員は会社にとって大切な仲間であることを認識すること。

職場の人間関係を良くするポイント2。良いところに意識を意識的に向ける。

職場の人間関係を良くするポイント3。相手のレベルに合った期待値を持つ。

職場の人間関係を良くするポイント4。相手の課題を指摘するのではなく気づきを与えるサポートをする。

職場の人間関係を良くするポイント5。失敗しても許し、再発防止をサポートする。

職場の人間関係を良くするポイント6。共感的会話と目的論コミュニケーションをする。

いかがでしたでしょうか!
最後までご視聴いただきありがとうございます。

Youtube動画

職場で悩んでいるあなたへ

あなたにお勧めのコンテンツ

前向きな捉え方をするために止める習慣と始める20の習慣

   

テキストのコピーはできません。