結婚生活に不安なあなたへ。

元気になる名言集

結婚生活に不安なあなたへ。

茜
結婚生活に不安なあなたに役に立つ名言集です。

結婚前に迷ったり。
結婚してから後悔したり。
結婚への迷いや後悔をしているあなたに役に立つ名言集です。

結婚は恋人の幸せに役立つことを考える事から。私たちの幸せに役立つことを考えるようになる事。

幸せな結婚生活はお互いの自立した行動から生まれ、不幸な結婚生活はお互いが依存する事で生まれます。

結婚はゴールではなく、スタートです。

とにかく結婚したまえ。良妻を持てば幸福になれるし、悪妻を持てば哲学者になれる。
ソクラテス(古代ギリシアの哲学者 / 紀元前469~399) 。

金のために結婚するものは悪い人間であり、恋のために結婚するのは愚かな人間である。
サミュエル・ジョンソン(英国の詩人、批評家、文献学者 / 1709~1784)。

結婚するやつは馬鹿だ。しないやつはもっと馬鹿だ。
バーナード・ショー(アイルランドの劇作家、ノーベル文学賞受賞 / 1856~1950) 。

結婚は早すぎてもいけない、おそすぎてもいけない、無理が一番いけない、自然がいい。
武者小路実篤(日本の小説家、詩人、劇作家、画家 / 1885~1976) 。

愛情のない結婚は悲劇だ。しかしまるっきり愛情のない結婚よりいっそう悪い結婚が一つある。それは、愛情はあるが片一方にだけ、という場合だ。
オスカー・ワイルド(アイルランドの詩人、作家、劇作家 / 1854~1900)。

恋のない結婚のあるところには、結婚のない恋が生まれることだろう。
ベンジャミン・フランクリン(米国の政治家、外交官、物理学者 / 1706~1790) 。

結婚はしてもしなくても後悔するものである。
カフカ(現在のチェコ出身の小説家、「変身」の著者 / 1883~1924)。

結婚は鳥かごに似ている。外にいる鳥は必死で中に入ろうとし、中にいる鳥は必死で逃げ出そうとする。
モンテーニュ(フランスの哲学者、モラリスト / 1533~1592)。

結婚するときはこう自問せよ。「年をとってもこの相手と会話ができるだろうか」そのほかは年月がたてばいずれ変化することだ。
ニーチェ(ドイツの哲学者、古典文献学者 / 1844~1900)。

幸福な結婚というのは、いつでも離婚できる状態でありながら、離婚したくない状態である。
大庭みな子(日本の女性小説家、1930~2007)。

結婚するものも幸せだし、しないものも幸せだ。どっちにも人間としての喜びがある。
武者小路実篤(日本の小説家、詩人、劇作家、画家 / 1885~1976)。

男は結婚するまで幸せとは何かを理解できないんだ。結婚するときにはもう手遅れさ。
フランク・シナトラ(米国のジャズ・ポピュラー歌手、俳優 / 1915~1998) 。

結婚は個人を孤独から救い、彼らの家庭と子供を与えて空間の中に安定させる。生存の決定的な目的遂行である。
ボーヴォワール(フランスの女性作家、哲学者 / 1908~1986)。

その女性がもし男であったならきっと友達に選んだろう、と思われるような女でなければ妻に選んではいけない。
ジュベール(フランスのモラリスト、随筆家 / 1754~1824)。

結婚生活に幸福を期待しすぎて、失望しないように気をつけなさい。ウグイスは春に2、3ヶ月だけは鳴くが、卵をかえしてしまうと、あとはずっと鳴かないものだ。
トーマス・フラー(英国の聖職者、歴史家 / 1608~1661)。

よい女房をもらおうと思ったら、ダンスの輪の中から選ばずに、畑で働いている女性の中から選ばなくてはならない。
プリボイ(ロシアの作家 / 1877~1944)。

娘が自分で惚れた男というのは、父親の目にはいつだって一番つまらない男に見えるものだ。
ドストエフスキー(ロシアの小説家、思想家 / 1821~1881) 。

男は結婚するとき、女が変わらないことを望む。女は結婚するとき、男が変わることを望む。
アインシュタイン(理論物理学者、ノーベル物理学賞受賞 / 1879~1955)。

妻は、やさしくされることを望んでいるだけではない。やさしい心で理解されることを望んでいる。
瀬戸内寂聴(日本の女性小説家、天台宗の尼僧 / 1922~)。

いっしょに何かを「する」必要なんか少しも感じないで、しかもいっしょに「いる」ということ。これこそが結婚の本質である。
シュワルツ。

どちらも相手を通して、自分個人の目標を何か達成しようとするような夫婦関係はうまくいく。例えば妻が夫によって有名になろうとし、夫が妻を通して愛されようとするような場合である。
ニーチェ(ドイツの哲学者、古典文献学者 / 1844~1900) 。

昔は、結婚というものはハナから辛いものだと覚悟していた。今みたいに夢なんか抱いていなかった。花嫁は泣きながら嫁に行ったんです。だから小さな幸せを喜べた。つまりマイナスから始まっていたのでちょっとしたプラスがすべて幸せになり、結婚も上手く行っていたんです。
美輪明宏(日本のシンガーソングライター、俳優、演出家 / 1935~) 。

結婚に必要なものは、コミュニケーション。そして一人になれる場所があること。
ベティ・デイヴィス(米国の女優、アカデミー主演女優賞受賞 / 1908~1989)。

すべての女性は彼女の母親に似るようになる。それが女の悲劇だ。男は彼の母親の思い通りにならない。それが男の悲劇だ。
オスカー・ワイルド(アイルランドの詩人、作家、劇作家 / 1854~1900)。

自分の妻や夫を自分の思うように変えようなどと思ってはいけません。その試みは愚かです。そんなことができると思ってはなりません。人は自分で変わろうと思わないかぎり、変わることなどできはしないのです。
ジョセフ・マーフィー(アイルランド出身の宗教者、著述家 / 1898~1981)。

男と夫とは同じものではない。同様に女と妻も同じものではない。
H・エリス(英国の医師、性科学者、社会運動家 / 1859~1939)。

結婚しても愛することはできる。しかし結婚すれば今まで以上に働かねばならない。働いて働いて、その結果、愛することを忘れてしまうのである。
アルベール・カミュ(フランスの小説家、ノーベル文学賞受賞 / 1913~1960) 。

現代の女性は、あらゆることを理解する。ただ、自分の亭主のことだけは理解しない。
オスカー・ワイルド(アイルランドの詩人、作家、劇作家 / 1854~1900) 。

母親は、夫よりも自分の子供の方を好む、何故ならば、彼らは自分のものであることがより確かであるから。
アリストテレス(古代ギリシアの哲学者 / 紀元前384~前322)。

幸せな結婚の秘訣は、どれだけ相性が良いかではなく、相性の悪さをどうやって乗り越えるかにある。
ジョージ・レビンガー(米国の心理学者)。

口やかましい妻というのは、夫の注意や感謝を望んでいるのです。つまりは愛情を渇望しているのです。彼女の美点はほめたたえなさい。彼女に注意し、感謝していることを示しなさい。
ジョセフ・マーフィー(アイルランド出身の宗教者、著述家 / 1898~1981) 。

よい結婚というものが極めて少ないことは、それがいかに貴重で、偉大なものであるかという証拠である。
モンテーニュ(フランスの哲学者、モラリスト / 1533~1592) 。

嫉妬とは妻が疑わしくなることではなく、自分自身が疑わしくなることである。
バルザック(フランスの小説家 / 1799~1850) 。

妻は、やさしくされることを望んでいるだけではない。やさしい心で理解されることを望んでいる。
瀬戸内寂聴(日本の女性小説家、天台宗の尼僧 / 1922~)。

ときどき嫉妬をしない結婚生活なんてひどく味気ないわ。でも、嫉妬はステーキにかける塩のようなもの。ほんのちょっと必要なだけ。
マリリン・モンロー(米国の女優 / 1926~1962)。

家計のバランスは自然にとれるものではありません。毎年努力してバランスをとるものです。
マーガレット・サッチャー(英国初の女性首相 / 1925~2013) 。

夫婦の相性は人それぞれ。同じ目的を持ち、同士のような関係の夫婦は深い絆で結ばれている。
美輪明宏(日本のシンガーソングライター、俳優、演出家 / 1935~)。

愛とは、決して後悔しないことだ。
エリック・シーガル(米国の作家、脚本家、教育者 / 1937~2010)。

結婚生活で一番大切なものは忍耐である。
チェーホフ(ロシアの劇作家、小説家 / 1860~1904) 。

夫婦の仲はあまりつづけて一緒にいると、冷めやすいし、くっついてばかりいると、損なわれやすい。知らない女性はどれも愛想がよく見える。
モンテーニュ(フランスの哲学者、モラリスト / 1533~1592) 。

良い妻というものは、夫が秘密にしたいと思っている些細なことを常に知らぬふりをする。それが結婚生活の礼儀の基本である。
サマセット・モーム(英国の劇作家、小説家 / 1874~1965)。

結婚とは、男の権利を半分にして、義務を二倍にすることである。
ショーペンハウアー(ドイツの哲学者 / 1788~1860)。

男性が持っている最良の財産、あるいは最悪の財産、それはいずれにせよ自分の妻ということになる。
トーマス・フラー(英国の聖職者、歴史家 / 1608~1661)。

王国を統治するより、家庭を治めるほうが困難である。
モンテーニュ(フランスの哲学者、モラリスト / 1533~1592) 。

愛情には一つの法則しかない。それは愛する人を幸福にすることだ。
スタンダール(フランスの小説家『赤と黒』著者 / 1783~1842)。

愛は支配しない、愛は育てる。
ゲーテ(ドイツの詩人、小説家、劇作家 / 1749~1832) 。

男と女、こうも違ったしかも複雑な2人の人間が、互いによく理解し愛し合うためには、一生を費やしてもまだ長すぎはしない。
オーギュスト・コント(フランスの哲学者 / 1798~1857)。

すばらしき結婚は、盲目の妻と、耳の不自由な夫の間で生まれる。
モンテーニュ(フランスの哲学者、モラリスト / 1533~1592) 。

いかがでしたでしょうか!
最後までご視聴いただきありがとうございます。

YouTube動画

結婚生活が不安なあなたへ

あなたに役に立つコンテンツ

ビリーフの探索と更新ツール

   

テキストのコピーはできません。