親を許せない私はダメ

お悩みQ&A

親を許せないでいるあなたへ

相談内容

私の親は過干渉せ小さい時から自分の自由はありませんでした、いつもああしろ、こうしろ、と言われて育ちました。
親は共働きで裕福な家ではありませんでしたので、欲しい物もあまり買っては貰えませんでした。
自分の容姿にも自信がありませんので恋愛経験もありません、なんで生まれたのか、将来にも不安でいっぱいです。

成人したいまでも母親の干渉は強く、許せない気持ちで一杯です、そんな母親と上手く向き合うためにはどうすればいいのでしょうか?

回答コメント

リクエストを頂、ありがとうございます。
親を許せないでいるあなたへ、母親と向き合う方法についてお伝えします。

あなたは母親の期待に応えるために生きているのではありませんので、母親があなたに期待や欲求をしてきても、そこに答える必要はありませんよ。

今のお母さんとあなたの関係は共依存関係にあり、お互いがお互いに甘え、要求している状態です。
自分の期待を満たすためにお母さんはあなたの課題に介入し、干渉しています。

あなたは介入させてはいけません、自分で考え、選び、決定して生きてゆく必要があります。
つまり自立する事です。
早く子離れ、親離れ出来るといいですね?

母親を許せないのは、あなたが依存して自立できてない証です。
親に依存していると、もっと親が愛してくれていれば、もっと優しい親だったら、もっとお金持ちの家に生まれていれば、もっと綺麗に産んでくれていれば。
などと親の行為や環境を怨み、心を不満で一杯にして相談に来る、方がよくいます。

その時に必ずお伝えすることがあります。それは、「他人と過去は変えられない。でも、自分自身と未来は変えられる」という事です。

親も自分以外の相手ですし、許せない出来事は過去の事でどちらも変えられません。
あなたが変えられるのは自分と未来です。
自分の「見方」「考え方」「捉え方」を変える事で気持ちや未来は変わります。
親に反発依存して、恨んだり、憎んだりして未来を台無しにするのは、もったいないです。

あなたが理想の親を思い浮かべて期待し、それと比較してみる事で不満が大きくなりますが、そもそも理想の親などこの世にはいません。

理想の親を求めるなら自分が理想の親になればいいし、お金持ちの親を望むなら自分がそうなればいい。自分が努力もしないで、相手や過去の変えられない事に不平不満を言っているのはいかがなものでしょうか。

「許さなくてもイイ、恨んでもいい、憎んでもいい」あなたがそれを選択したいなら、それは自由です。しかし、それをしていても未来は何も変わりません。
親への反発依存は、さっさと手放して未来に向かい、自分が幸せになれる事をした方が良いと、私は思います。

「本当は許したい、でも許せない自分はダメ、それなら許さなくてもイイから、忘れてしまいましょう」

自分が欲しい、未来の幸せに意識を向けて、今持っている能力や環境で、出来る事をやりましょう。
親から自立して自分が幸せになるために生きましょう。

私からのコメントは、以上となります。
このコメントが、少しでもあなたのお役に立てれば幸いです。
JCTAのヨコさんがお応えしました、ありがとうございました。

Youtube動画

親を許せないでいるあなたへ

あなたにお勧めのコンテンツ

テキストのコピーはできません。